ペットロス?

2014.10.15 Wednesday

0
    世間で良く聞いていた、ペットロス。
    まさか、自分が陥るなんて。

    このブログ内の部屋の写真に写り込んでる、老犬の片方が、永眠しました。
    18才数日前の老衰ですから、
    まあ、大往生と言えるかもしれません。

    会社から帰ったら、犬が床に倒れていたので、パニックに。
    打ち身や出血もしていて、
    けがをしたのかと、慌てて病院を探して連れて行きました。

    怪我ではなく老衰による、床擦れ状態だと、いうのです。

    老犬なので、多少は痩せて来たし、
    行動も体力も衰えて来ていましたが、
    食欲も有るし、
    床擦れになる程、寝た切りでは全くなかった。

    それがいきなり、寝た切りの床擦れ。
    いえ、もう、ほとんど危篤状態だと、宣告されました。

    入院させたら、看取れ無いかもと言われ、
    結局、毎日点滴通院、
    自宅看護することにしました。

    仕事を休め無い日は、
    お昼休みと、就業時にダッシュで、帰宅。
    まだ息をしている?お願い!
    祈る気持ちの10日間でした。

    羽毛布団の中で、ほとんど動かない、
    小さい丸い老犬。

    点滴のおかげで心臓が動いているだけ。
    幸いにも、苦痛は無く、意識も朦朧。


    あたしの腕の中で、家族全員に、見られながら、
    本当に、穏やかに、眠る様に、
    静かに、静かに逝きました。


    家族が揃う三連休まで、必死で、
    頑張ってくれたのです。

    良い犬というのは、こんなにも、
    飼い主に忠実なのでしょうか?



    長くなったので、また明日にします。










    スポンサーサイト

    2019.02.11 Monday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL