RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
人生色々(^_^;)
チョット暗いお話しかも。
愚痴が嫌な方は、スルーして下さい。

数十年来の友人夫婦が、
相次いて入院、手術する事になって。
幸いどちらも、ホンの軽い初期だったので、
術後も安定し、支障無く日常生活をおくれる様になった。

のだけど。
問題は、身体より、心の傷だった。
友人は子煩悩で、今まで、子供の為に生きていたのに、
病気の際、思ってたより、子供達に愛されていなかったと、
思い込んでしまったらしいです。

確かに、子供達も、旦那さんも、
彼女が期待した様な、反応、対応をしてくれなかったかもしれない。
もっと、もっと、親身に心配して欲しかった。
本人が、本当に、熱愛する母だから。
当たり前の様にそれだけの献身して来たから。

虚しい、悲しい、人生と子育て、
結婚に失敗した。
さみしい、さみしいと、泣いて居る内、
段々怒りも湧いて来る。
虚しさと怒りで、自分でもコントロール出来なくなって。

さみしさを嘆くのが、死にたいと叫ぶまでになってしまった。

理由は違うけど、
虚しくて、生きていたくない気持ちになる事は、
誰にでも有る?
ええ、私はも度々有ります(。-_-。)

いえ、どちかと言うと、
彼女と反対の理由かもしれません。

半引きこもりを繰り返した我が家の子供達。

何度、絶望と期待を行ったり来たりした事か。
子供達の将来が、不安で心配で、
そして可哀想で、
こちらの心も潰れそうな毎日。
育て方を何処かで、間違えたのか?

いや、本人が一番苦しいのだと、
普通の生活を送りながら、
さりげなく、さりげなく接する日々。

幸いにも、上の二人は何とか、
ほぼ自立にまで立ち直りました。
後、もう一人!
半引きこもりつつも、就活する様にまでに快復!

子供の自立する事が、親の喜びだし、
それを目指して育てたつもりです。


でもやっぱり、子供達が自立し過ぎるのも、
全く、親を必要としないのも、
さみしいのかもしれません。

彼女も、子供に期待しないように。
これからは、自分の為に、
自分の楽しみの為に、生きる、
少しづつ、心のシフトチェンジしようと、努力しています。

子供に頼りのも、頼られ過ぎるのも、困りもの。
程々が良いのでしょうが、
それが出来れば、誰も苦労はしないってね。f^_^;











author:シナモン, category:セカンドステージ, 20:48
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:48
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://sinamonpai.jugem.jp/trackback/87