スポンサーサイト

2019.02.11 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    黒歴史

    2019.01.21 Monday

    0
      私には成人した息子二人と娘が居ます。
      家事も育児も不得意だったせいかしら。
      三人共に、高校卒業後、留年や退学やら、引きこもり、ニート、パラサイトなどなど…
      ここ20年、この繰り返しでした。

      アトピーや喘息、心が折れたか疲れたのか、
      起き上がれ無い、学校へ行けない。
      大学だと不登校とならず、留年、退学にならますけど。

      大学四年、就活最中に長男が鬱病になりました。
      当時は、スチューデントアパシー、所謂5月病と診断されました。
      原因は不明、対処やどうしたら治るかわからない。
      生きるエネルギーが無くなってしまった…
      エネルギーが湧くまでゆっくり、穏やかに生活していれば、
      やがて湧いてくるかもしれない…
      なんて医師から言われた親は、呆然ですよ。

      あれから20年近く経ったんですね。
      あの時の衝撃、挫折感、不安、葛藤、ぐちゃぐちゃ。
      子育て失敗、人生失敗と思い込んで、絶望しました。
      当時を思い出すと、手足が震えてくるほどです。

      何年か自宅養生するも時間切れで退学。
      毎年、それでもの望みをかけて、授業料を払いながら、
      休学届けを出しに行ってた夫も哀れだった。

      田舎の実家を引き継ぐために、地元で内定を貰ったのに、当然取り消し。
      当時は、新卒フレッシュマンを見たり聞いたするのが、辛かった。

      下の子達と夫との生活が、苦しさからの現実逃避になって居ました。
      母親が現実逃避してる生活が、長男や私自身、家族にとって、
      穏やかて快適、楽しい生活だったのかなぁ

      長男は回復し社会人になり、再発し、震災後、躁鬱病に悪化したり。
      夫は糖尿病になり、私は軽い鬱と不眠症。
      三人の子達の自立は遅れています。

      それでも、亀よりゆっくりだけど
      それなりに少しずつ回復しながら、まあまあ穏やかに生活出来てると思います。

      こんな私が、断捨離に出会い、現実逃避を自覚することから始まった。
      無思考、無感覚、無感性からの復活でしょうか。

      何もかも自分のせい、
      家族を支えて、家を支えて、義実家、実家の父母、お墓に仏壇、あれやこれや…
      子供達が元気で賢く自立した立派な社会人になれないのは、私の子育て、生き方そのものが間違っているから?
      夫を支えきれないのは、私の包容力と実力不足?
      父母にも育ての恩を返さなきゃいけない、
      父母にして貰った事位は、子供にしてやらないといけないのに、
      出来なかった不甲斐ない。
      自己嫌悪と罪悪感と挫折感のオンパレード。

      あんた、何様?偉人か神さま?
      どれだけ上から目線だったんでしょうか?
      相手を想う振りして自分勝手な思い込みの自己満足でした。

      過去は変えられないけど、過去への感じ方、思いは変えられます。
      ずーっと自分や周りを責め、イライラ
      、哀しんだままでいるか、
      ベストでは無いにしろ、精一杯だったとむしろ、その時の自分を褒めても良いじゃない。
      もっと酷くなったかも知れないのに、
      これだけで済んだ事に感謝するとか…
      所詮、終わった事。

      こんな風に振り返れる、反省出来る、感じられるようになった。
      この感性と自信、家族に信頼への回復。

      ありがとうございます。
      断捨離!ひでこ先生!

      スポンサーサイト

      2019.02.11 Monday

      0
        関連する記事
        コメント
        生き死に関係ないのに、言葉にすると大袈裟になりました。
        ブログアプリが使えなくなって、貴女のブログへのリンクも出来なくなってます。
        面倒なのに、コメント入れてくれてありがとう。
        • by シナモン
        • 2019/01/21 9:02 AM
        シナモンさんの表面しか知らず…。
        深い悩みがあったのですね。私はどう答えていたのか。
        皆、それぞれ語れないことってあるけれど、過去をこうして吐き出して前に進む…。
        そう、お互い「今」ですね。
        • by 猫好き女
        • 2019/01/21 5:16 AM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL