スポンサーサイト

2019.02.11 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    実家の断捨離(3)

    2019.01.15 Tuesday

    0
      ひと事のように、夫の実家の物入れの話をしていますが、
      本当の課題は、実家に送りつけてた自分達家族の物の始末。

      暮らしていたマンションに溢れていた書籍、文庫本、コミック類。
      かなりの量の書籍を
      余裕ある田舎の納屋に保管してるんです。




      マンションと同じく、納屋の壁という壁、天井までに設置した、カラーボックス。
      全面収納でも足らずに、送った箱に入ったままの状態のものも、結構有ります。
      他にも、ベッドやソファーや家具も沢山。
      以前納屋で使っていたのの処分を先送りしたやつです。

      早い話、納屋全体は、我が家の不用品置き場。
      親世代以前のゴミ処分より、
      自分達のゴミ処分の方が先にすべきなんです。

      実は、震災直後に田舎に帰省した時、
      一度整理しようと試みています。
      都合10回位、車に乗せてゴミ処分場に持ち込み。
      その際、お馬鹿して右手首を骨折!脇腹打撲。
      石膏で固めて釣りながら飛行機で帰宅し、
      鉛筆を包帯で、挟みつつ仕事し、リハビリは一か月以上掛かりました。

      あれから10年近く、益々体力、気力、エネルギー、時間も限られていますから、
      いよいよ先送り出来ません。
      さあ、どこから取り掛かろうか?

      スポンサーサイト

      2019.02.11 Monday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL