RSS | ATOM | SEARCH
実家のわだかまり
お盆や墓参りや夏祭り等、夏は実家の行事、用事が多い時期です。
なので、夫と私も、お互いの実家の話をする事も多くなります。
その時に、何となく、気持ちのすれ違いや、食い違いが出て来ます。

夫が電話で義姉に、「大変だったね、良く解るよ、その気持ち」
と、労ってました。
ただ、それだけなんですが…

耳をダンボにして聞いていた訳ではないけどね、
小耳に挟んだだけですよ。

それでも、??
妻の私には、掛けたことの無い労いのお言葉では?
小一時間も、義姉の愚痴や悩みを根気良く聞いてる?
それ、私が言ったら、
「気にしすぎ」
「もっと大きな気持ちで」
「相手の立場も考えて」
直ぐに言い返され、説教までされ、
最後は、「しつこい」

妻の愚痴には付き合えないけど、
実家や自分の兄弟姉妹の愚痴には、付き合える?


ただ考えてみたら、私も反対に、
自分の親や兄弟の話は、同情して聴いてますね。
だから、お互い様でしょうか?


多分、私が夫の実家に対して、わだかまりが有るから、
些細な事が気になるのだと思います。
こういう、負のわだかまりこそ、
断捨離したいものです。









author:シナモン, category:家族, 15:06
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:06
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://sinamonpai.jugem.jp/trackback/172