RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
知恵比べ
マンションで安全、安心なペットとの共生の為に、
絶賛服従訓練中のワンコと人間です。
ケージに粗相の躾中でも有り、
サークルの中にケージを入れ。

サークルを閉じて出掛けてみたら。
玄関で出迎えされました(≧∇≦)


サークルから脱走したんですね。
まさか、一メートル位有るサークルを飛び越した?


いえいえ




まあ、当たり前だよね、
ケージに乗ってサークルを飛び越したのでしょう。
踏み台代わりのケージが有るんだから。

それに気づかない人間の方が、おバカって事でした。
author:シナモン, category:ペット, 18:54
comments(4), trackbacks(0), - -
捨てれば入る?

先日、断捨離した予備ベット。
代わりに入って来そうなのが、このペットサークル。





大きい!
ほとんどベットと変わらない(^_^;)


成犬で我が家に来た事も有り、服従、トイレ訓練中のワンコ用。
ワンコの安全と旅行等には、必須のケージです。
慣れさせるまでのつもりですが。

捨てれば入るって、断捨離の醍醐味?
これは、嬉しく無い入れ替えです。






author:シナモン, category:ペット, 22:39
comments(0), trackbacks(0), - -
初回、ワンコの訓練

ワンコの、しつけ教室始まりました。
ちょっと恐ろしげな言い方ですが、
飼い主に対するワンコの服従訓練。
なので、ワンコと飼い主の両方の訓練な訳で。


まず、リードを付けての歩行訓練から。
左側にワンコ、右手のリードを持ち方。
三歩進んで止まる、三歩進んでお座り。
ゆっくり回って止まる。
その繰り返し、繰り返し。
飼い主が必ず先に歩いて、ワンコは合わせる。
リードを引いたりして、ワンコに指示。
上手く出来た時は、思い切り褒める。

言葉にすれば、簡単なんですが(^_^;)


ワンコと娘は、結構上手に歩いて、
ちょっとした障害物まで飛び越してました!

私はと言えば、
ワンコには分かり難いあやふやな動きをするらしく、
もっとキビキビ動く様に注意されちゃいました。(T . T)


ワンコの集中力に合わせて、30分の訓練です。
一回目なので、これ位が限界。
60の人間にとってもね。


その後、ドックランで、
自由に原っぱを思う存分、駆け回り…
だったのですが、やはり、夕方と言えど、酷暑。
残念だけど、早々に引き上げました。


宿題だったので、
自宅のリビングで、復習をやってみたんですが。
うーん(*_*)
室内でのリード歩行が、
ワンコにはイマイチ分からないみたい。
要するに、私にワンコが付いて歩かない。
そこが、服従訓練するべき理由なんですけどね。


ワンコと、60の成果は如何に?
続きます…








author:シナモン, category:ペット, 22:24
comments(0), trackbacks(0), - -
ワンコと訓練
先日、ワンコの美容室に行ったら、
太ったね!と注意されました。


確かにここ一ヶ月、ワンコと私は、
エアコンの中でゴロゴロ、うとうと寝てばかりでした。

美容室にしつけとドックラン併設されてるので、
行って来ました。

マーキングや無駄吠えをする事も相談。
しつけ教室としては、それぞれのしつけと言うより、
服従訓練になるそうです。

色々な愛犬のわるさや失敗は、服従訓練で始まり、服従訓練で終わる…
らしいですよ。


20年近くワンコと不自由無く生活していて、
今更訓練?かと戸惑いました。
有ると便利と同じく、
訓練した方が暮らし易い?


いえ、暮らし云々ではなく、
ペットの安全と健康の為と、
これからのマンション暮らしには、
必要だと思いました。
老衰まで元気だったのは、体質も有るけど、
単に運が良かっただけなのかも。


訓練の詳しい内容や回数、金額等、
お任せ的になってしまったのは、残念。
正直、交渉力の無さと、押しに弱く、
ちょっと見栄も有りました。


訓練の成果はまた。









author:シナモン, category:ペット, 22:25
comments(0), trackbacks(0), - -
新しい家族!
断捨離を再開した途端、我が家に新しい家族が増えました!


この子です。



可愛いいし、賢いのですよ。


実は、二匹の小型犬がいたのですが、老衰で、呆気なく逝ってしまいました。

以前の部屋の写真のあちこちに写っているので、
ビフォー、アフター写真を選別する事は、まだまだ切ないです。
それは思い出さない様にして。



私は、しばらくは老犬の思い出だけで生きていけたのですが、
子供達が犬のいない生活に耐え切れなかった。


気持ちを前向きにしようと、人間関係も再開?再会したんですね。
その縁で、ヒヨッコリ、いきなり、我が家に来る事になったわんこです。



こんなラッキーが有って良いかしら?とホッペを抓る位、
可愛い!!賢い!


まあ、叱れない溺愛振りですので、
賢さは怪しくなってるかな?

健康管理だけはしっかりと!




author:シナモン, category:ペット, 00:10
comments(0), trackbacks(0), - -
淋しい毎日
愛犬が逝ってから、もうすぐ二ヶ月。
毎日が寂しく過ぎて行きます。
何も考えずに、感じずに、そっとそっと過ぎていき、
潰れる様な苦しさが、いつの間にか、少なくなるのを、
じっと、ひたすら待ってる日々です。
それでも、人は忘れる事が出来る強さを持っているらしいので、期待して時が経つのを、待ちます。


愛犬の事を思い出したく無いので、この期間、
色々と試してみました。

何かに夢中になれば、時間も過ぎて行くのでは?


ひたすらテレビを観る、
本を読みまくる、
疲れて果てるまで仕事をする、
家中を掃除しまくる、
新しいパソコンを買って、使い倒す、
等など。


列挙して、我ながらこんな事位しか無いのか?
普段から心淋しい人間だったのが解りますね。







author:シナモン, category:ペット, 19:29
comments(0), trackbacks(0), - -